アフィリエイトの時間の生み出し方|忙しいサラリーマンのために

目安時間:約 6分

仕事をしているサラリーマンが、平日に4~6時間のまとまった時間を作ろうとするのは難しくないですか?

 

根性で出来るという方もいるかもしれませんが、僕は本業に支障が出るのでやりません。

でも、平日にもアフィリエイトはやりたい。

 

そうなると、アフィリエイトの作業時間を作るには少し工夫が必要になってきます。

 

 

 作業時間を生み出す心構え

 

細切れ時間を使う

 

時間をまとめて作れないなら、5~10分の細切れ時間がないか探します。

 

そうすると、ちょこちょこあるんですよね。

例えば、電車の中、歩いてる途中、休憩時間、お風呂、トイレ。

その時間を使って、記事ネタを見つけたり、画像を貼り付ける、下書きを途中までかくとかに僕は使っています。

 

記事のアイディアは、昔からいう「馬上(ばじょう)」「枕上(ちんじょう)」「厠上(しじょう)」が出やすいです。
今でいうと、車、電車、布団、トイレとか。

 

アイディアが出た時に、すぐにでも書き込めるように僕は家の中に付箋を何箇所か置いています。外出先だと、iPhoneに思いついたことをどんどんメモしていきます。

そうすると、細切れ時間だけで、それなりの作業量になります。

 


 

 

どうでも良い付き合いはできるだけ切っていく

 

業務上必要な資格を取りたい時に僕が困ったのが、仕事後の「酒のお付き合い」なんですよ。

不義理にはならないようにしていますが、全部には付き合いきれません。

会社って、一つの村のようになっていて、1人だけ違った行動をしていると、付き合いが悪いと批判されてしまうんです。だから、逃げ切れないことも多いのは確かです。

 

でも、本当にやりたいことがあるときは、勇気を振り絞って不義理をします。

だって、自分の人生のほうが大事ですし。

 

その分コミュニケーションの密度を休憩中に濃くして、業務が円滑に流れるようにする。
どうしても逃げられないものついては諦めますが、それ以外のところでは付き合いを最低限にして時間を確保する。

 

 

 

アルコールが入ると活動ができなくなる

 

僕はお酒を飲めない事は無いのですが、基本的には飲まないようになりつつあります。

 

飲むと、仕事から帰って家で勉強したり、アフィリエイトをしたりするのがかなり難しいことになるので、やはり無理です。

 

たまに息抜きでパーっと飲みますが、その時は集中力が落ちて本が読めませんし、記事に何かを書こうとしても思いつきません。付き合いもほどほどに・・・。

 

アフィリエイトを毎日の生活の中に習慣化する

 

僕はアフィリエイトでのキャリアはまだ短くて、あまり偉そうな事は言えないのですが、仕事をやってきた中での経験上言えることがあります。

 

仕事をやっていく上で、一番大事なのは「作業を習慣化」することです。

 

ご飯を食べるように
歯を磨くように
お風呂に入るように

 

仕事をやりながら、たくさんの方々を見てきた中で、それなりに成績を残す人の共通点は仕事の処理速度が速い。そして、事も無げに仕事を片付ける。

 

では、その能力はどうやって身につけたかというと、作業を繰り返し習慣化したってことです。

とはいえ、アフィリエイトは僕も習慣化のレベルまでにはまだ至っていないので、体に覚えこませている最中です。習慣化を目指して頑張っている最中です。

 

まとめ

 

現役で働いていますので、サラリーマンが時間を作るのは、なかなか大変なのは分かっています。

でも、思うところがあって始めたアフィリエイト。せっかくなら成果を出したい。
そのためにはどうやって勉強をする時間を作り、どうやって作業時間を作り出していくか。

 

1、細切れ時間を使う
2、作業を習慣化する

 

20代のころは徹夜をしてでも作業が出来たかもしれませんが、長続きはしません。

習慣を作れない人はどこかで無理をして、続かなくなります。

アフィリエイトを長く楽しく出来るように、この記事が少しでも参考になったなら幸いです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

クリックありがとうございました。

よく読まれている記事
管理人プロフィール

管理人 アフィリガイド遊

サラリーマンをやりながら、副業で稼げないか?

考えてすぐに思いつくのがアルバイト。
でも、アルバイトをやるにしてもなかなか時間が作れない。
どうしよう?

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

クリックありがとうございました♪

ページの先頭へ