画像を切り抜く便利ツール|WinShotの使い方

小説家や新聞記者のように、文章だけで風景をイメージさせたり、情景の説明が出来れば良いなと僕は思います。

そうなりたいと憧れ、頑張りはします。

 

でも、どんなに頑張っても一朝一夕に文章力は上がりません。

 

でも、どうしても伝えたい。

 

では、文章以外に読者に伝える方法は?

 

 


 

そんな時に便利なのが画像です。

 

最近では、、説明するのが大変な文章はマンガになったりします。

 

文章だけだと説明が難しくても、画像のように目で見て分かりやすい形にすると読む気が起こります。

 

僕のように文章力がない人が説明しやすいのが、説明したい画像を切り抜いての説明です。

 

WinShotを使いこなそう

 

そこでおススメしたいのがWinShot」です。

 

 

画像をキャプチャーする方法はいろいろあるかもしれませんが、「WinShot」のメリットは無料で、しかも画像の切り抜きの範囲指定が出来ることです。

 

ではでは、「WinShot」の簡単な使い方の説明です。

 

まず「WinShot」をインストールします。

 

 

 

インストールしたら、次に「タスクバー」にピン留めします。

 

 

右クリックで「JPEG保存」⇒「矩形範囲指定」で好きな範囲をしていします。

 

これで好きな画像を切り抜けます。