シリウスをエックスサーバーに「確実」にアップロードする方法

念願の「シリウス」をついに手に入れました。

 

評判どうりサクサクとキレイなサイトを作れます。

手軽に作れはしますが、

ぼくはエックスサーバーのアップロードに少し手惑いましたので、

解決方法を記事にしました。

 

 

「ネームサーバー」に登録しよう

まずは、独自のドメインを手に入れなければなりません。

その後、サーバーとドメインを関連付けるのですが、

「ネームサーバー」の修正を気を付けてください。

細かい方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

⇒「ネームサーバー」の登録方法

 

シリウスのアップロード方法

 

、シリウスを起動し、「新規作成」をクリックします。

 


 

、「サイト名」や「テンプレート」などの必須部分を入力します。

そして、赤枠の「サイトURL」にさきほど「ネームサーバー」に関連付けた

「ドメイン」を入力します。

例:https://affi-guide.info/

 


 

3タイトルや、記事の入力が終わったら「サイト生成」ボタンを押します。

 


 

、「アップロードしますか?」と出ますので、「はい」を選択します。

 

 


 

、「FTP接続先」から「新規作成」をクリックします。

基本設定の「接続先の名称」⇒エックスサーバーと入力

 

 

その他の入力はエックスサーバーと契約したときに送られてきた、

メールに記入されています。

「ホスト名」=「FTPホスト名」

「ユーザー名」=「FTPユーザー名」

「パスワード」=「FTPパスワード」

 


 

、次ぎにアップロード先の登録をします。

「サイトオプション」⇒「FTP設定」をクリックします。

 

 

先ほどと同じように、メールを参考しながら入力します。

「アップロード先のフォルダ」が最初に設定したドメインになります。

入力例:/affi-guide.info/public_html

赤字の部分の入力が必用です。

 


 

、左側部分が自分のPCのデータで、右側部分がアップロード先になります。

先ほど入力した、アップロード先のドメインをクリックします。

 

赤字の部分を開いて、「pablic_html」を選択します。

例:affi-guide.info⇒pablic_html

 


 

、完成です。キレイなサイトが簡単に出来ました。

慣れるとサクサクと作れますので、

アフィリエイターには必須という評判も納得しました。

 

 


 

まとめ

 

  1. 「ネームサーバー」がへ変更されているか必ず確認をする。
  2. アップロード先のURLが間違えていないか確認をする。

 

以上です。シリウスにご興味ありましたら、

公式サイト

 

少しでもお役に立てたのなら幸いです。

 

>>>シリウスでヘッダーを楽に作る方法

>>>シリウスのSSL設定|エックスサーバー